関東地震を予測すれば死者やけが人を減らせる

作業員
作業員

防災考える

日本で、地震は切っても切り離せないものです。そんな中、地震を予想するということは前もって準備でき、大変素晴らしいことに思えます。しかし、間違った情報などでは逆効果ということにもなりかねません。だから、自分たちにできることは前もって備え、正しい地震予想の知識を持つことが重要になります。

専門家の意見を聞いてみる

女の人

ネット情報を見てみる

関東には人口が集中していることもあり、災害が起きてしまうと大変です。パニックになってしまうことは、誰でも予測がつきます。例えば、関東地震が起こってしまったら、これは大パニックになること間違いありません。予測ができれば、それに越したことはありません。そこで、専門家がこれまでの地震の傾向や研究などから、関東地震を予測するようになってきました。その道の研究をしている人の説は、いろいろあります。人によって予測も異なっているので、どれが本当かは実際に起こってみないと分かりません。また、ネット上にもたくさんの予測が載っています。参考までにいろいろなサイトを見てみましょう。数十年に一度という割合で大地震が起こることもあるので、日頃から防災対策をしておいた方がいいかもしれません。

多少の安心感を得られる

関東地震を予測できれば、多少なりとも安心感を得られます。いざという時のためにも、専門家による予測情報は参考にしておきましょう。もちろん、いつ起こっても対応できるように、日頃から防災意識を高めておくことが大切です。関東地震の場合、どこに避難すればいいのか迷ってしまう人もいます。特に交通網が麻痺してしまうことが考えられます。電車やバスなどの公共の乗り物が使えなくなってしまった時、どのようにすべきか、避難経路を考えておきましょう。それから、専門家とは言っても、あくまでも予測です。実際には予測どおりにいかないことの方が多くなっています。定期的に防災訓練や避難訓練をするなど、家族や会社を通じて行うことが大切です。

景色

正確に導きだせない

天気予報も同じですが、未来の予報はなかなか精度を向上させることはできません。地震の予報は非常に大事ですが、誰にも予想できないのです。そのためいつ生じても対策がとれるように日常的に心構えを持っておく必要があるのです。

困る人

成功すれば絶大な減災効果

地震予知を可能にするには多くの観測機器を必要とします。この事から多額の予算が必要となりますので、国が一丸となって予知研究に取り組むことが求められます。多国間で協力して共同観測を行うこともひとつの選択肢でしょう。